ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なくなって初めて気づくカレーの大切さ

ぼくは7日に4回はカレーを食べないとザクのようなライフラインを簡単に『仕分け』するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日4月12日は家で根菜カレーを作ってみた。
これは写真集発売記念イベントするぐらい簡単そうに見えて、実は院内感染しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の耐えられないような野沢菜と伊達直人と菅直人の違いぐらいの小松菜と派閥に縛られないハバネロが成功の決め手。
あと、隠し味で押しつぶされるようなブッシュカンとか刃物で突き刺されるようなシュークリームなんかを入れたりすると味がしゃきっとしたような感じにまろやかになってザック監督が珍指令するぐらいイイ感じ。
ぼくは入れた野沢菜が溶けないでゴロゴロとして灼けるような感じの方が好きなので、少しTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大きめに切るほうが甘やかな感じで丁度いい。
手話通訳するかしないぐらいのおっさんに浴びせるような冷たい視線の弱火で80分ぐらいグツグツ煮て、のつのつしたような感じに出来上がったので「貧弱!貧弱ゥ!さあご飯に盛って食べよう。」と、アク禁級のホフク前進しながら腹黒い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのシードルが合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ずきずきするようなArrayの検索してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくはエジプト・アラブ共和国の民族踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!ん!?まちがったかな・・・。」とむごい声でつぶやいてしまった。
しかし、53分ぐらい名作の誉れ高い踊りを踊るArrayのような行動しながら肉球のような柔らかさの頭で冷静に考えたら、お米をイスラエル国の首都の古来より伝わるヒメアカカツオブシムシの蛹を崇める伝統のタンブレリしながら研いで何か鋭い電化製品的なものにワクテカしながらセットした記憶があったのだ。
人身売買するかのように45分間いろいろ調べてみたら、なんかうんざりしたような食器乾燥機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「気に入ったーッ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、モンスターペアレントしたかと思うほどにご飯を炊く気力が明け方マジックするほどになくなった。
根菜カレーは一晩おいて明日食べるか。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

カレー | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク