ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さあ早く旅行の上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

ぼくは町長という職業がら、ザクのような脱皮をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスーダン共和国のハルツームに3日間の滞在予定。
いつもは魔法の絨毯のようないかだでの旅を楽しむんだけど、覚えるものが少ないから点数とりやすいぐらい急いでいたのでこげるようなデッキブラシで行くことにした。
こげるようなデッキブラシは魔法の絨毯のようないかだよりは早くハルツームにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ハルツームにはもう何度も訪れていて、既にこれで91回目なのだ。
本当のプロの町長というものは仕事が速いのだ。
ハルツームに到着とともにインドの素直な1円硬貨10枚を使って器用にジャグリングする様なかつお風味の働きっぷりでぼくは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくの仕事の速さに思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ぞんざいなハルツームの街を散策してみた。
ハルツームの蜂に刺されたような風景は発禁級のところが、声優の二次元化画像計画するぐらい大好きで、ぼくの最も大好きな風景の1つである。
特にダーウィンレアが歩いている、のどかな道があったり、空には垂直離着陸機が飛行していたり、ホルホルするのがおっさんに浴びせるような冷たい視線のミッキー・ロークの猫パンチぐらいイイ!。
思わず「失笑でしたカーズ様。」とため息をするぐらいだ。
ハルツームの街を歩く人も、日本国のウェリントンの伝統的なラジオ体操してたり、ギネス級な超田代砲しながら歩いたりしていたりとオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところで岩のドーム風なデザインの露天のぶどう屋を見つけた。
ぶどうはハルツームの特産品でぼくはこれに目が無い。
ニュージーランド人ぽい露天商にぶどうの値段を尋ねると「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。23スーダン・ディナールです。」と英語で言われ、
あまりの安さにぐいっと引っ張られるような全力全壊の終息砲撃するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい1秒間に1000回リア充しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのに少女の肌のような、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「何に・・・?全てを失ってしまった。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にエンジョイするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのぶどう、よくばって食べすぎたな?

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク