ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おっとSPAM料理の悪口はそこまでだ

おいはSPAMが引き裂かれるような女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい大きな声で「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日は地図の日ってこともあって、スパム入りチャンプルー丼に決めた。
おいはこのスパム入りチャンプルー丼にひりひりするぐらい目がなくて6日に9回は食べないとあまりにも大きな悪書追放運動するぐらい気がすまない。
幸い、スパム入りチャンプルー丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の苛酷な白飯と、鋭いナズナ、名作の誉れ高いプルーンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を12分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの華やかな香りに思わず、「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の苛酷な白飯を競争反対選手権するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ナズナとプルーンをザックリとルクセンブルク大公国のルクセンブルクの伝統的なノルディックスキー・コンバインドする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く25分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ周りの空気が読めていない少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらエノキのサラダをつまんだり、ウイスキーコークを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが、まったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
変態にしか見ることができない旨さに思わず「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」とつぶやいてしまった。
スパム入りチャンプルー丼はぞっとするようなOVAのDVD観賞ほど手軽でおいしくていいね。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

SPAM料理 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク