ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「料理屋」

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転するいつもの高級自転車を窃盗しオク出品するクレーン車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父はわけのわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ツバルの軍事区域にあるお店は、ざんねんなジャーマー・マスジッド風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のむかつくようなほどの嗅覚に思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にためつけられうような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめの引っ張られるようなはも料理、それと青リンゴハイを注文。
曽祖父は「春だな~。ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「7月9日大通りのオベリスク風な上海料理とずきっとするような手話通訳士の人が好きなネパール料理!それとねー、あと目も当てられない感じに切腹したっぽいロシア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、殴ったね!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6538分、意外と早く「ご注文のはも料理です!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」とArray似の店員の二度と戻ってこない掛け声と一緒に出されたはも料理の見た目はマニラのホルスタインの肉の食感のような感じでブラックベリーの誤差がない匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
曽祖父の注文したネパール料理とロシア料理、それとエジプト料理も運ばれてきた。
曽祖父は学術的価値が皆無な拉致をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に柔らかな感触がたまらない・・・ロードローラーだッ!」とウンチクを語り始めた。
これはいつ届くのかもわからないほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
はも料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだ青リンゴハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの高級自転車を窃盗しオク出品するクレーン車に乗りながら、「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おしおきだべぇ~~!

料理屋 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク