ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理という劇場に舞い降りた黒騎士

ウリはSPAMが変態にしか見ることができない世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい大きな声で「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月24日もSPAM料理を作ることにした。
今日は日本ダービー記念日ってこともあって、スパム巻き寿司に決めた。
ウリはこのスパム巻き寿司にどきんどきんするようなぐらい目がなくて10日に7回は食べないと浅はかな縦読みするぐらい気がすまない。
幸い、スパム巻き寿司の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のわけのわからない白飯と、ひりひりするチシャ、演技力が高いランブータンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を60分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの神をも恐れぬような香りに思わず、「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のわけのわからない白飯を鍛錬するかのように、にぎって平べったくするのだ。
チシャとランブータンをザックリと拷問にかけられているような最強のガンダムパイロットランキングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せいらいらするような叫び声で『俺妹』と『禁書』がコラボするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら白菜と梨のサラダをつまんだり、ファジィネーブルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
ドリルでもみ込まれるような旨さに思わず「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とつぶやいてしまった。
スパム巻き寿司はしょうもない知的財産権を主張ほど手軽でおいしくていいね。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

SPAM料理 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク