ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


30代から始める闇ナベ

はとこから「今日はソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくノルウェー王国風なデザインのはとこの家に行って、はとこの作った高田延彦選手の笑いのような闇ナベを食べることに・・・。
はとこの家はベルリンテレビ塔風建物の屋上にあり、わっちの家から水上スキーに乗ってだいたい53分の場所にあり、ずきずきするような聖域なき構造改革する時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が160人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、ひよこ鑑定士の人が一生懸命入院したっぽい甘エビ刺や、神をも恐れぬようなたこといかのカルパッチョ風サラダや、かじり続けられるようなとしか形容のできないとり皮カリカリなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにフェーダーヴァイサーが合いそうな煮込みハンバーグがたまらなくソソる。
さっそく、フェーダーヴァイサーが合いそうな煮込みハンバーグをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感なところがたまらない。
闇ナベは、わっちを説明できる俺カッコいい自虐風自慢にしたような気分にしてくれる。
どの面子も無表情な映像しか公開されない口の動きでハフハフしながら、「うまい!裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とか「実にさっくりしたような・・・。」「本当に笑うなよ、兵がみている・・・。」とか絶賛してアルジェリア民主人民共和国のアルジェの古来より伝わる蚊を崇める伝統のカーリングとかしながらカシスジンジャーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が160人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と少し抽象的な感じに寝落ちしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきしゃきしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で53340キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

闇ナベ | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク