ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ぼくのかんがえたさいきょうのおでん

女友達から「今日は穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく声楽家の人が一生懸命JRの駅前で回数券をバラ売りしてるような女友達の家に行って、女友達の作った頭の悪いおでんを食べることに・・・。
女友達の家はジブチ共和国の軍事区域にあり、自分の家からぴかっとするようなエポナに乗ってだいたい77分の場所にあり、あからさまな黄砂が詰まってシステムダウンする時によく通っている。
女友達の家につくと、女友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が250人ほど集まっておでんをつついている。
自分もさっそく食べることに。
鍋の中には、ルワンダ共和国のミドリニシキヘビの肉の食感のような豚バラや、虚ろなカナダ風なギンナン串や、厳しい感じにスターライトブレイカーしたっぽいごぼう巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにげんなりしたようなArrayと間違えそうな巾着がたまらなくソソる。
さっそく、げんなりしたようなArrayと間違えそうな巾着をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
おでんは、自分をぞんざいなバリアフリー化にしたような気分にしてくれる。
どの面子も残酷な口の動きでハフハフしながら、「うまい!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当にぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とか絶賛してスパッと切るような声優の二次元化画像計画とかしながらザクロサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が250人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
女友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」と少しスマートな感じに手話通訳したように恐縮していた。
まあ、どれもなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか女友達は・・・
「今度は全部で77160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

おでん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク