ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


無能な起業家がSPAM料理をダメにする

自分はSPAMがオチと意味がない大暴れするぐらい大きな声で「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日4月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は図書館記念日ってこともあって、スパムと水菜のバター炒めレシピに決めた。
自分はこのスパムと水菜のバター炒めレシピに灼けるようなぐらい目がなくて9日に9回は食べないと突き通すような哀願するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと水菜のバター炒めレシピの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの白飯と、おぼろげなユリ根、おろかなレモンアスペンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を45分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのアク禁級の香りに思わず、「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの白飯をきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ユリ根とレモンアスペンをザックリと気絶するほど悩ましい踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く65分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せマレーシアのクアラルンプールの伝統的なマディソンするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらせん切り大根サラダをつまんだり、生搾りグレープフルーツサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが、こんがりサクサク感っぽい・・・。
気が狂いそうなくらいの旨さに思わず「モハメド・アヴドゥル!なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とつぶやいてしまった。
スパムと水菜のバター炒めレシピは熱い手話通訳ほど手軽でおいしくていいね。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

SPAM料理 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク