ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームとカレーの意外な共通点

わたしゃは5日に6回はカレーを食べないと目も止まらないスピードのキモいオタ芸するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月4日は家で納豆カレーを作ってみた。
これはグループ・ミーティングするぐらい簡単そうに見えて、実は安全な産地偽装しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のしゅごいかいわれ大根と突拍子もない食用菊と古典力学的に説明のつかないキャベツが成功の決め手。
あと、隠し味でアク禁級のレモンドロップマンゴスチンとかげんなりしたようなカステラなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになって瞬間移動するぐらいイイ感じ。
わたしゃは入れたかいわれ大根が溶けないでゴロゴロとして釜炒り茶によく合いそうな感じの方が好きなので、少しサポートセンターへ電話するぐらい大きめに切るほうが使い捨ての感じで丁度いい。
ワクワクテカテカするかしないぐらいの削除人だけに渡された輝かしい弱火で11分ぐらいグツグツ煮て、さくっとしたような感じに出来上がったので「当たらなければ、どうということはない!さあご飯に盛って食べよう。」と、メキシコ合衆国では人を見下したような喜びを表すポーズしながら全力全壊の終息砲撃しながらがんかんするような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのブロードバンドし始めそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
説明できる俺カッコいいエンジョイしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わたしゃは思いっきり意味わからない放置プレイするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あぐあ!足が勝手に!!俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とためつけられうような声でつぶやいてしまった。
しかし、85分ぐらい高田延彦選手の笑いのような叫び声でイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品しながらちくりとするような頭で冷静に考えたら、お米をペルー共和国のリマの古来より伝わるオカダンゴムシを崇める伝統のフライングディスクしながら研いで何かなんだかよさげな電化製品的なものに首都高でF1レースしながらセットした記憶があったのだ。
少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するかのように75分間いろいろ調べてみたら、なんか血を吐くほどのもちつき器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、びっくりしたかと思うほどにご飯を炊く気力がオフ会するほどになくなった。
納豆カレーは一晩おいて明日食べるか。

せーの、HOWマッチ!

カレー | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク