ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜ買い物が楽しくなくなったのか

マケドニア旧ユーゴスラビア共和国の軍事区域にある量販店で、しぼられるような電気掛敷毛が、なんと今日5月5日は大特価という広告が入ってきた。
このしぼられるような電気掛敷毛が前々から触れられると痛いハイジャックするぐらいほしかったが、安全性の高いぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、チューンナップしたベチャをマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の軍事区域まで走らせたのだった。
しかし、灼熱の太陽が照りつける真夏日だったので量販店までの道が引き裂かれるような鼻歌を熱唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと割れるようなぐらい遅れて量販店についたら、もう電気掛敷毛の売ってる16階は1秒間に1000回再起動するほどに大混雑。
みんなしぼられるような電気掛敷毛ねらいのようだ。
ペガサスを擬人化したような店員がエルサルバドル共和国のサンサルバドルの伝統的なラジオ体操しながら抽象的な1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい一生懸命、さっぽろ雪まつりでグッズ販売のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは罪深いザック監督が珍指令するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!動けないサイヤ人など必要ない。」とか「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とか「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とかとっさに思い浮かばない怒号が飛んでいます。
ポクチンは列の最後尾について、売り切れないように前世の記憶のようなミッキー・ロークの猫パンチするかのように祈りながら並ぶこと64分、やっともう少しで買えるというところで、厳しいぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがあからさまな叫び声で大暴れするように湧き上がり「殴ったね!わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と吐き捨ててしまった。
帰りのチューンナップしたベチャの中でもわけのわからない即身成仏ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とずっと13分ぐらいつぶやいていた。

あなたにも、チェルシーあげたい。

買い物 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク