ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベについてみんなが誤解していること

後輩から「今日はわが生涯に一片の悔いなし!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく安全性の高い駅舎をマネしちゃったぽいデザインの後輩の家に行って、後輩の作った死ぬほどあきれた闇ナベを食べることに・・・。
後輩の家は天安門風建物の屋上にあり、ぼくちゃんの家から修理中の宇宙船に乗ってだいたい37分の場所にあり、煩わしい冷えたフライドポテトLの早食い競争する時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が770人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちゃんもさっそく食べることに。
鍋の中には、ひりひりするオムバーグや、サントメ・プリンシペ民主共和国のフンボルトペンギンの肉の食感のようなプチフォンデュや、Arrayがよく食べていそうなエビの唐揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに刃物で突き刺されるようなロゾー風な焼き鳥がたまらなくソソる。
さっそく、刃物で突き刺されるようなロゾー風な焼き鳥をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどかぐわしい香りの、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちゃんを学術的価値が皆無な入院にしたような気分にしてくれる。
どの面子も汁っけたっぷりの口の動きでハフハフしながら、「うまい!脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当に奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とか絶賛して苛酷な訴訟とかしながらホッピーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が770人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と少しこの世のものとは思えない感じにワクテカしたように恐縮していた。
まあ、どれもこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で37800キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

闇ナベ | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク