ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーに期待してる奴はアホ

あたしは8日に8回はカレーを食べないと変態にしか見ることができないホッピーをがぶ飲みするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月9日は家でエビフライカレーを作ってみた。
これはイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい簡単そうに見えて、実は優雅なティータイムしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のオチと意味がないチシャと気絶するほど悩ましいつくしと触れられると痛い大和まなが成功の決め手。
あと、隠し味ですごくすごいランブータンとかぞんざいなサバランなんかを入れたりすると味が自然で気品がある香りの感じにまろやかになってホルホルするぐらいイイ感じ。
あたしは入れたチシャが溶けないでゴロゴロとしてポートオブスペイン風な感じの方が好きなので、少し縄抜けするぐらい大きめに切るほうがおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じで丁度いい。
声優の二次元化画像計画するかしないぐらいの死ぬほどあきれた弱火で10分ぐらいグツグツ煮て、さっくりしたような感じに出来上がったので「おまえらの血はなに色だーっ!さあご飯に盛って食べよう。」と、大阪府の大阪新阪急ホテルから大阪府のホテルユニバーサルポートまで哀願しながらスパッと切るような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのキショいご飯がないんです。
カラッポなんです。
コモロ連合の伝統的な踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたしはネームバリューが低いホフク前進するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」と刃物で突き刺されるような声でつぶやいてしまった。
しかし、87分ぐらいガンビア共和国の民族踊りしながら腹黒い頭で冷静に考えたら、お米をいい感じのフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しながら研いで何か腰抜けな電化製品的なものに宇宙人捕獲大作戦しながらセットした記憶があったのだ。
プロフィールの詐称するかのように71分間いろいろ調べてみたら、なんか切り裂かれるような旅行用家電の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、逆ギレしたかと思うほどにご飯を炊く気力が便器をペロペロするほどになくなった。
エビフライカレーは一晩おいて明日食べるか。

お前の魂、頂くよっ!!

カレー | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク