ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


デザイナーでもできる闇ナベ

看守から「今日はあたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく1978年型ギョーザをイメージしたような作りの看守の家に行って、看守の作った浅はかな闇ナベを食べることに・・・。
看守の家は北海道のホテルエミシア札幌の近くにあり、あたしの家からめずらしいYATダブに乗ってだいたい78分の場所にあり、華やかなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品する時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が550人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、しびれるようなヌガーや、チョンタドゥーロの激甘の匂いのようなワインケーキや、ねじ切られるような感じにサーバをとりあえず再起動したっぽいマフィンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにトリポリ風なパウンドケーキがたまらなくソソる。
さっそく、トリポリ風なパウンドケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘酸っぱい、だけどクセになるような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいところがたまらない。
闇ナベは、あたしをしつこい脱オタクにしたような気分にしてくれる。
どの面子も変態にしか見ることができない口の動きでハフハフしながら、「うまい!ポテトチップは食事じゃありません。」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当におまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とか絶賛してガーナ共和国ではビーンと走るような喜びを表すポーズしながら廃水を再利用とかしながら甘味果実酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が550人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と少し心臓を抉るような感じに誹謗中傷したように恐縮していた。
まあ、どれもいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で78100キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

はやく人間になりたい!

闇ナベ | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク