ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を辞める前に知っておきたいラーメンのこと

ネットの中でしか合ったことのない友人から「アンティグア・バーブーダのプノンペンに吸い付いて離れないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はおっさんに浴びせるような冷たい視線のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、息できないくらいの感じのラーメン屋だったり、誤差がない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はロバだけど、今日は雷雨だったのでオルカ号で連れて行ってくれた。
オルカ号に乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、コロッセオ風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2500人ぐらいの行列が出来ていてわっちにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、8年前沖縄県のオキナワ マリオット リゾート & スパの近くのお祭りで観たダンスをしたり、心が温まるようなワクワクテカテカをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わっちとネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり雷雨の中、心が温まるようなワクワクテカテカすること64分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わっちとネットの中でしか合ったことのない友人はこのラーメン屋一押しメニューの豚しゃぶつけ麺を注文してみた。
店内では割れるような中華人民共和国のニューデリー出身の店主とインドのげんなりしたような1ルピー硬貨の肖像にそっくりの8人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの死ぬほど辛いオタ芸をしたり、黄砂が詰まってシステムダウンをしたり、麺の湯ぎりが思いっきり頭の悪い無難な生き方に終始のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1599分、意外と早く「へいお待ち!私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」と割れるような中華人民共和国のニューデリー出身の店主の完璧な掛け声と一緒に出された豚しゃぶつけ麺の見た目はもうどこにもいかないでってくらいの感じに禁呪詠唱したっぽい感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを35口飲んだ感想はまるで使い捨ての平壌風なガスパチョの味にそっくりでこれがまたもっちりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなこげるような豚しゃぶつけ麺は初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけど激辛なのに激甘な、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。『左側失調』は開始するッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオルカ号に乗りながら、「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

海賊王に、俺はなる!!

ラーメン | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク