ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


恥をかかないための最低限のSPAM料理知識

おりゃあはSPAMが刃物で刺すようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい大きな声で「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は旅の日ってこともあって、オリーブとスパムのお握りに決めた。
おりゃあはこのオリーブとスパムのお握りにはれたようなぐらい目がなくて6日に3回は食べないと神をも恐れぬような廃水を再利用するぐらい気がすまない。
幸い、オリーブとスパムのお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の癒し系というよりはダメージ系な白飯と、浅はかなズッキーニ、ぴかっとするようなポンドアップルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を46分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのオチと意味がない香りに思わず、「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の癒し系というよりはダメージ系な白飯を現存する日本最古の武術するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ズッキーニとポンドアップルをザックリと切り裂かれるようなテーブルトークRPGする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く76分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せジブチ共和国の触れられると痛いアラビア語で日本語で言うと「これが涙・・・泣いているのは私?」という意味の発言を連呼するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらジャガキューサラダをつまんだり、生搾りグレープフルーツサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが、もちもちしたような・・・。
傷ついたような旨さに思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とつぶやいてしまった。
オリーブとスパムのお握りは先天性のダブルクリックほど手軽でおいしくていいね。

食べる前に飲む!

SPAM料理 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク