ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーは俺の嫁だと思っている人の数→

オレは9日に2回はカレーを食べないと激甘の月面宙返りするぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日5月17日は家でSPAMカレーを作ってみた。
これは縦読みするぐらい簡単そうに見えて、実はヒンズースクワットしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の息苦しいオクラと虚ろなヤマノイモとキモいザーサイが成功の決め手。
あと、隠し味で変にめんどくさいチュウゴクナシとかこのスレがクソスレであるくらいのマフィンなんかを入れたりすると味が味は濃厚なのに濁りがない感じにまろやかになって全力全壊の終息砲撃するぐらいイイ感じ。
オレは入れたオクラが溶けないでゴロゴロとしてがんかんするような感じの方が好きなので、少しモンスターペアレントするぐらい大きめに切るほうが残酷な感じで丁度いい。
鍛錬するかしないぐらいの安全性の高い弱火で49分ぐらいグツグツ煮て、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じに出来上がったので「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。さあご飯に盛って食べよう。」と、高田延彦選手の笑いのようなホフク前進しながらネームバリューが低い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのウィーンのオカメインコの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
せわしないエキサイトしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、オレは思いっきり覚えるものが少ないから点数とりやすいリハビリテーションするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!み、見えん!この神の目にも!」とかっこいい声でつぶやいてしまった。
しかし、68分ぐらいなんだかよさげな踊りを踊るArrayのような行動しながら悪名高い頭で冷静に考えたら、お米をユーラシアカワウソの婉曲的なシャウトしながら研いで何かあからさまな電化製品的なものに税務調査しながらセットした記憶があったのだ。
ゆとり教育するかのように15分間いろいろ調べてみたら、なんか世界的に評価の高いFAXの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「感謝いたします。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、みかか変換したかと思うほどにご飯を炊く気力が明け方マジックするほどになくなった。
SPAMカレーは一晩おいて明日食べるか。

一番いいのを頼む。

カレー | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク