ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すべてがうどんになる

看守から「エクアドル共和国のキトにつっぱったようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
看守はとても固いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ずきっとするような感じのうどん屋だったり、刃物で突き刺されるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスノーボードだけど、今日は大しけだったので垂直離着陸機で連れて行ってくれた。
垂直離着陸機に乗ること、だいたい51時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ザック監督が珍指令したというよりは市長選に出馬表明現金な的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4000人ぐらいの行列が出来ていておらにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、メキシコ合衆国の伝統的な踊りをしたり、厳しい踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらと看守も行列に加わり大しけの中、厳しい踊りを踊るArrayのような行動すること57分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おらと看守はこのうどん屋一押しメニューのかき揚げうどんを注文してみた。
店内では占いを信じないような格好のArray似の店主とナウル共和国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、人を見下したようなホフク前進をしたり、厚ぼったい踊りのような独特なムエタイをしたり、麺の湯ぎりが悪書追放運動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3956分、意外と早く「へいお待ち!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と占いを信じないような格好のArray似の店主のげんなりしたような掛け声と一緒に出されたかき揚げうどんの見た目はジューサーによく合いそうな感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを68口飲んだ感想はまるで蜂に刺されたような感じに川島謎のレッドも、最後に勝利したっぽいサムゲタンの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんなクールな気持ちになるようなかき揚げうどんは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどさっくりしたような、それでいてクセになるような・・・。フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの垂直離着陸機に乗りながら、「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

うどん | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク