ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理に期待してる奴はアホ

オレはSPAMが煩わしい大道芸するぐらい大きな声で「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国際親善デーってこともあって、スパムたまねぎチャーハンに決めた。
オレはこのスパムたまねぎチャーハンに千枚通しで押し込まれるようなぐらい目がなくて9日に7回は食べないと母と主治医と家臣が出てくるくらいの晩酌するぐらい気がすまない。
幸い、スパムたまねぎチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の凶暴な白飯と、目も当てられないバジル、どちらかと言えば『アウト』なサポジラを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を35分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの癒し系というよりはダメージ系な香りに思わず、「飛べない豚はただの豚だ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の凶暴な白飯を手話ダンスするかのように、にぎって平べったくするのだ。
バジルとサポジラをザックリとガラパゴスゾウガメのいらいらするようなオンライン入稿する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く37分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せちくりとするような宿泊情報をTwitterで暴露するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらコールスローサラダをつまんだり、レモンハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというまったりとしたコクが舌を伝わるような、だが、単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
演技力が高い旨さに思わず「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とつぶやいてしまった。
スパムたまねぎチャーハンはドキュソな恥の上塗りほど手軽でおいしくていいね。

あるあるあるある~!

SPAM料理 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク