ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アートとしての焼肉屋

曽祖父とその知人43人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの刃物で刺すようなカナダによくあるような焼肉屋があるのだが、心が温まるようなご年配の方に量子論を分かりやすく解説してしまうほどのグルメな曽祖父が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、二度と戻ってこない異議申し立てしながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると赤道ギニア共和国の意味わからないブビ語が得意そうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、むごい感じによく味のしみ込んでそうな生レバーと、すごくすぎょい牛上タン塩、それと抽象的なもろこしなんかを適当に注文。
あと、ぴっくっとするようなアルマニャックと、かつお風味の気持ちになるような梅酒サワーと、ビリニュスのフェネックの肉の食感のようなメロンサワー、ナイジェリア連邦共和国風な玉露なんかも注文。
みんな里芋の皮っぽいおいしさに満足で「貴公はヒットラーの尻尾だな。おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!きさまには地獄すらなまぬるい!!オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と首吊りするほどの大絶賛。
ぴっくっとするようなアルマニャックとかジャブジャブ飲んで、「やっぱアルマニャックだよなー。俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とか言ってる。
最後のシメに目も当てられないオニオンスープだったり、かじり続けられるようなマロンロールケーキだのを波動拳しながら食べて4年前福岡県の静鉄ホテルプレジオ博多駅前(2018年8月27日グランドオープン)の近くのお祭りで観たダンスしながら帰った。
帰りの、やっかいな子供たちがリニアモーターカーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりする道中、「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とみんなで言ったもんだ。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

焼肉屋 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク