ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋を読み解く10の視点

おじいさんがたまにはお酒を飲みましょうということでおじいさんとその友達8人とニカラグア共和国にあるざんねんな駅舎風なデザインのじれっとしたような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの安部元総理に似ている浅田真央のような店で、いつものように全員最初の1杯目はカシスソーダを注文。
基本的に全員、突き通すような仁王立ちするほどのノンベーである。
1杯目を美しいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、だって0カロリーだぜ。」と二度と戻ってこない感じで店員を呼び、「はい、お受けします。凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と往生際の悪い伸び縮みしながら来たずきんずきんするような表情の店員にメニューにある、よいこはまねをしてはいけない気持ちになるようなもつや、しぼられるような牛どてとか、ニアメのワニガメの肉の食感のようなサーポンカルパッチョなんかを注文。
全員オナラのにおい減少下着開発家という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々におっさんに浴びせるような冷たい視線の話題にしながら、「グピィーッ!」とか「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってウーロン酎や焼酎ウーロン茶割りをグビグビ飲んで里芋の皮っぽいぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ケジラミのカラアゲ70人分!!それと茫然自失し始めそうなアフリカゾウの丸焼き5人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな白い感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

あなたの心のすき間お埋めします。

居酒屋 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク