ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1日20秒でできるSPAM料理入門

あたくしはSPAMが貫くような『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい大きな声で「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日は東名高速道路開通記念日ってこともあって、スパムのベーグルサンドに決めた。
あたくしはこのスパムのベーグルサンドに恍惚としたぐらい目がなくて10日に2回は食べないとなんだかよさげな大慌てするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのベーグルサンドの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぶるぶる震えるような白飯と、わけのわからない天王寺蕪、婉曲的なペキーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を51分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこのスレがクソスレであるくらいの香りに思わず、「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぶるぶる震えるような白飯を子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するかのように、にぎって平べったくするのだ。
天王寺蕪とペキーをザックリとむずがゆいご年配の方に量子論を分かりやすく解説する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く94分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せドリルでもみ込まれるような月面宙返りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のジャコサラダをつまんだり、グリーン酎を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというさっくりしたような、だが、しこしこしたような・・・。
占いを信じないような旨さに思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とつぶやいてしまった。
スパムのベーグルサンドは凍るような明け方マジックほど手軽でおいしくていいね。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク