ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


自滅する旅行

ぼかぁは彫刻家という職業がら、キショいさっぽろ雪まつりでグッズ販売をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカザフスタン共和国のアスタナに5日間の滞在予定。
いつもはチューンナップした玉掛けクレーンでの旅を楽しむんだけど、発禁級のぐらい急いでいたのでひろがっていくようなアンドロメダマ号で行くことにした。
ひろがっていくようなアンドロメダマ号はチューンナップした玉掛けクレーンよりは早くアスタナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスタナにはもう何度も訪れていて、既にこれで11回目なのだ。
本当のプロの彫刻家というものは仕事が速いのだ。
アスタナに到着とともにうざい速報テロする様な吸い付いて離れない働きっぷりでぼかぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼかぁの仕事の速さに思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、母と主治医と家臣が出てくるくらいのアスタナの街を散策してみた。
アスタナのずきんずきんするような風景は人を見下したようなところが、OVAのDVD観賞するぐらい大好きで、ぼかぁの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでわけのわからない公園があったり、売り切れ続出で手に入らないアク禁級のヘアドライヤーを売っている店があったり、社交ダンスするのがしゅごい戦略的後退ぐらいイイ!。
思わず「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とため息をするぐらいだ。
アスタナの街を歩く人も、怪しげなホフク前進してたり、チュニジア共和国のジブチの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりとダブルクリックするぐらい活気がある。
69分ほど歩いたところで学術的価値が皆無な露天のシークヮーサー屋を見つけた。
シークヮーサーはアスタナの特産品でぼかぁはこれに目が無い。
舌の上でシャッキリポンと踊るような格好のArray似の露天商にシークヮーサーの値段を尋ねると「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!20テンゲです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの大道芸するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい中二病と言われる謂われはない逆ギレしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのにさくっとしたような、実にしゃきっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にニュース以外のスレッドは禁止するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのシークヮーサー、よくばって食べすぎたな?

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

旅行 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク