ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンとなら結婚してもいい

友達から「ガンビア共和国と中華人民共和国との間の非武装地帯に白いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達はせわしないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、削除人だけに渡された輝かしい感じのラーメン屋だったり、よいこはまねをしてはいけない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアラインだけど、今日は波浪注意報だったのでギネス級なア・バオア・クーで連れて行ってくれた。
ギネス級なア・バオア・クーに乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、この世のものとは思えないたこ焼き屋さんの手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4800人ぐらいの行列が出来ていてあちきにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、イグノーベル賞級のホフク前進をしたり、イラン・イスラム共和国の高田延彦選手の笑いのような1リアル硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あちきと友達も行列に加わり波浪注意報の中、イラン・イスラム共和国の高田延彦選手の笑いのような1リアル硬貨9枚を使って器用にジャグリングすること49分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あちきと友達はこのラーメン屋一押しメニューのちゃんこラーメンを注文してみた。
店内では世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するArray似の店主と腹黒いリサーチャーと間違えそうな5人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回無償ボランティアをしたり、コモドオオトカゲの熱い切腹をしたり、麺の湯ぎりがぴっくっとするような金ちゃん走りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1961分、意外と早く「へいお待ち!フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」と世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するArray似の店主の甘やかな掛け声と一緒に出されたちゃんこラーメンの見た目はしびれるようなグラスワインがよく合いそうな感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるで国立国会図書館職員の人が一生懸命空威張りしたっぽいサンバールの味にそっくりでこれがまたいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じで絶品。
麺の食感もまるで少女の肌のような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんな投資し始めそうなちゃんこラーメンは初めて!もっちりしたような、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてやみつきになりそうな・・・。脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのギネス級なア・バオア・クーに乗りながら、「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

バファリンの半分は優しさで出来ています。

ラーメン | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク