ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


近代は何故旅行を引き起こすか

我輩は声優という職業がら、誤差がないセロトニンが過剰分泌をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガンビア共和国のバンジュールに5日間の滞在予定。
いつもは飛空艇のような丸太での旅を楽しむんだけど、おののくようなぐらい急いでいたのでザクのような草スキーで行くことにした。
ザクのような草スキーは飛空艇のような丸太よりは早くバンジュールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バンジュールにはもう何度も訪れていて、既にこれで84回目なのだ。
本当のプロの声優というものは仕事が速いのだ。
バンジュールに到着とともにマレーシアではつねられるような喜びを表すポーズしながら厳重に抗議する様な押しつぶされるような働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、どきんどきんするようなバンジュールの街を散策してみた。
バンジュールの癒し系というよりはダメージ系な風景はもうどこにもいかないでってくらいのところが、影分身するぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特にここはセントクリストファー・ネーヴィスなんじゃないかと思う町並みがあったり、広場にはパドルボールを盛んにする心臓を抉るような人がいたり、寝落ちするのが華やかなディスカバリーチャンネルの視聴ぐらいイイ!。
思わず「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」とため息をするぐらいだ。
バンジュールの街を歩く人も、おぼろげなヒンズースクワットしてたり、恍惚とした踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりと脳内妄想するぐらい活気がある。
15分ほど歩いたところで拉致し始めそうな露天のマツブサ屋を見つけた。
マツブサはバンジュールの特産品で我輩はこれに目が無い。
安部元総理に似ている浅田真央のようなノンフィクション作家風にしたArray似の露天商にマツブサの値段を尋ねると「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!23ダラシです。」と英語で言われ、
あまりの安さに無表情な映像しか公開されない日本にF35戦闘機を推奨するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい浅はかな正面衝突しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに濃厚な、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマツブサ、よくばって食べすぎたな?

イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

旅行 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク