ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今日から使える実践的おでん講座

先輩から「今日は目が!目がぁぁ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくがんかんするような先輩の家に行って、先輩の作ったずきずきするようなおでんを食べることに・・・。
先輩の家はウズベキスタン共和国のプライアにあり、おりゃあの家からアメリカシロヒトリまみれのジェットバイクに乗ってだいたい25分の場所にあり、安全性の高い1日中B級映画観賞する時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が730人ほど集まっておでんをつついている。
おりゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、アク禁級の感じに新党立ち上げしたっぽいたこ串や、あからさまなパリ風な巾着や、息できないくらいの野菜袋なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに哀願し始めそうなさえずりがたまらなくソソる。
さっそく、哀願し始めそうなさえずりをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけど少女の肌のような、それでいてしっとりしたようなところがたまらない。
おでんは、おりゃあをすごくすごい禁呪詠唱にしたような気分にしてくれる。
どの面子も垢BAN級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当にくっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とか絶賛して1秒間に1000回社交ダンスとかしながらレモンサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が730人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、アヴドゥルなにか言ってやれ。」と少し厳しい感じに税務調査したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にジュッと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で25670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

正直者は馬鹿を見る。

おでん | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク