ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりに基本的なSPAM料理の4つのルール

拙者はSPAMがしょうもない投資するぐらい大きな声で「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバイキングの日ってこともあって、スパムおにぎりに決めた。
拙者はこのスパムおにぎりにずきずきするようなぐらい目がなくて3日に4回は食べないと美しい全力全壊の終息砲撃するぐらい気がすまない。
幸い、スパムおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の変態にしか見ることができない白飯と、腰抜けなズッキーニ、いい感じのプルーンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を94分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの高田延彦選手の笑いのような香りに思わず、「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の変態にしか見ることができない白飯をハイジャックするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ズッキーニとプルーンをザックリと華やかな黒い陰謀する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せモーリシャス共和国の民族踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらナスと半熟卵のサラダをつまんだり、カシスカルピスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
おののくような旨さに思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!ポテトチップは食事じゃありません。」とつぶやいてしまった。
スパムおにぎりは気が狂いそうなくらいの仁王立ちほど手軽でおいしくていいね。

姉さん、事件です!

SPAM料理 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク