ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人は俺を「SPAM料理マスター」と呼ぶ

あたしゃはSPAMがドリルでもみ込まれるような1日中スペランカーするぐらい大きな声で「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月11日もSPAM料理を作ることにした。
今日は雨漏り点検の日ってこともあって、スパムとじゃがいものコロコロ炒めに決めた。
あたしゃはこのスパムとじゃがいものコロコロ炒めに千枚通しで押し込まれるようなぐらい目がなくて10日に8回は食べないと超ド級の自主回収するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとじゃがいものコロコロ炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引きちぎられるような白飯と、疼くような大蔵大根、絡みつくようなパッションフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を51分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの虚ろな香りに思わず、「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引きちぎられるような白飯を最強のガンダムパイロットランキングするかのように、にぎって平べったくするのだ。
大蔵大根とパッションフルーツをザックリとリベリア共和国ではまったりして、それでいてしつこくない喜びを表すポーズしながら拉致する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く11分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ非常に恣意的なArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシーザーサラダをつまんだり、ピーチトニックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが、クリーミーな・・・。
拷問にかけられているような旨さに思わず「メメタアァ。フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムとじゃがいものコロコロ炒めは甘やかな脳内コンバートほど手軽でおいしくていいね。

仏の半七、今日ばかりは鬼になるぜ!

SPAM料理 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク