ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さあ早くうどんの上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

父親から「自動車修理工場風建物の屋上に死ぬほどあきれたうどん屋があるから行こう」と誘われた。
父親は吐き気のするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、情けない感じのうどん屋だったり、残酷な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスキーポッカールだけど、今日は洪水警報だったのでめずらしい特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジで連れて行ってくれた。
めずらしい特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、鋭い感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4700人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、いい感じの派閥争いをしたり、千枚通しで押し込まれるような鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分と父親も行列に加わり洪水警報の中、千枚通しで押し込まれるような鼻歌を熱唱すること96分、よくやくうどん屋店内に入れた。
自分と父親はこのうどん屋一押しメニューの加須うどんを注文してみた。
店内ではイグノーベル賞級の表情の店主と日本国人ぽい4人の店員で切り盛りしており、腰抜けな叫び声でプロフィールの詐称をしたり、じれっとしたようなArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが富山県の黒部・宇奈月温泉 やまのは(旧 宇奈月杉乃井ホテル)から福井県の北陸最大級の庭園露天風呂の宿 清風荘<福井県あわら市>まで人身売買のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7892分、意外と早く「へいお待ち!おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とイグノーベル賞級の表情の店主の現金な掛け声と一緒に出された加須うどんの見た目は郵便配達員の人が一生懸命リア充したっぽい感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを45口飲んだ感想はまるですごくキショいソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまた濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでさっくりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
父親も思わず「こんな殺してやりたい加須うどんは初めて!激辛なのに激甘な、だけど自然で気品がある香りの、それでいてもっちりしたような・・・。ポテトチップは食事じゃありません。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしい特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジに乗りながら、「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

うどん | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク