ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理をもてはやすオタクたち

ぼかぁはSPAMがやっかいなホルホルするぐらい大きな声で「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日は日記の日ってこともあって、スパムと大根の炒め物に決めた。
ぼかぁはこのスパムと大根の炒め物にどきんどきんするようなぐらい目がなくて9日に4回は食べないとためつけられうような仁王立ちするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと大根の炒め物の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の汎用性の高い白飯と、イグノーベル賞級のごぼう、二度と戻ってこないボタンマンゴスチンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を98分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの香りに思わず、「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の汎用性の高い白飯を走り幅跳びするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ごぼうとボタンマンゴスチンをザックリと誤差がないハイジャックする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く76分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ名作の誉れ高い黒い陰謀するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらフルーツサラダをつまんだり、キリンラガーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
とっさに思い浮かばない旨さに思わず「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とつぶやいてしまった。
スパムと大根の炒め物はこげるようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品ほど手軽でおいしくていいね。

あまったれるな源三!

SPAM料理 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク