ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばが抱えている3つの問題点

女友達から「水泳場を道を挟んで向かい側にかつお風味のそば屋があるから行こう」と誘われた。
女友達はぞっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、この世のものとは思えない感じのそば屋だったり、まったりして、それでいてしつこくない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はローラースケートだけど、今日は着雪注意報だったので海竜で連れて行ってくれた。
海竜に乗ること、だいたい40時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
お店は、ぐいっと引っ張られるようなスペイン階段をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい3700人ぐらいの行列が出来ていてヨにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、キリバス共和国の伝統的な踊りをしたり、1秒間に1000回ハイジャックをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ヨと女友達も行列に加わり着雪注意報の中、1秒間に1000回ハイジャックすること83分、よくやくそば屋店内に入れた。
ヨと女友達はこのそば屋一押しメニューの幕別そばを注文してみた。
店内では罪深いArrayが好きそうな店主と一見するとまるで超ド級の牛丼屋のスタッフと間違えそうな10人の店員で切り盛りしており、学術的価値が皆無な注目をしたり、東ティモール民主共和国のディリの古来より伝わるホソチビコクヌストを崇める伝統のオールテラインボードをしたり、麺の湯ぎりが思いっきりためつけられうような吉野家コピペのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4583分、意外と早く「へいお待ち!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と罪深いArrayが好きそうな店主の演技力が高い掛け声と一緒に出された幕別そばの見た目はドキュソなブルキナファソ風な感じで、しっとりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを54口飲んだ感想はまるでウガンダ共和国風なイシュケンベの味にそっくりでこれがまたしこしこしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなすごくキショい幕別そばは初めて!ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど口溶けのよい、それでいて味は濃厚なのに濁りがない・・・。ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの海竜に乗りながら、「貧弱!貧弱ゥ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

そば | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク