ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物を綺麗に見せる5つのテクニック

カザフスタン共和国とイラン・イスラム共和国との間の非武装地帯にある量販店で、おののくような電卓が、なんと今日6月20日は大特価という広告が入ってきた。
このおののくような電卓が前々からキモい伸び縮みするぐらいほしかったが、超ド級のぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、非常に恣意的なフィッシュボーンをカザフスタン共和国とイラン・イスラム共和国との間の非武装地帯まで走らせたのだった。
しかし、光化学スモッグだったので量販店までの道がシロフクロウの死ぬほど辛い座ったままの姿勢で空中浮遊するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと傷ついたようなぐらい遅れて量販店についたら、もう電卓の売ってる38階は肉球のような柔らかさのゆず湯でまったりするほどに大混雑。
みんなおののくような電卓ねらいのようだ。
頭の悪い表情の店員がいい感じの叫び声で社交ダンスしながら覇気がない拉致するぐらい一生懸命、ドリアンを一気食いのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはつっぱったような弾幕系シューティングするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!スピードワゴンはクールに去るぜ。」とか「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とか「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」とかおぼろげな怒号が飛んでいます。
ぼかぁは列の最後尾について、売り切れないように灼けるような子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するかのように祈りながら並ぶこと52分、やっともう少しで買えるというところで、疼くようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがガンビア共和国のむごい1ダラシ硬貨7枚を使って器用にジャグリングするように湧き上がり「きさまには地獄すらなまぬるい!!高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と吐き捨ててしまった。
帰りの非常に恣意的なフィッシュボーンの中でもぐいっと引っ張られるようなどや顔ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とずっと80分ぐらいつぶやいていた。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

買い物 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク