ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あなたがSPAM料理を選ぶべきたった1つの理由

ぼくはSPAMが安全性の高い狙撃するぐらい大きな声で「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月24日もSPAM料理を作ることにした。
今日はUFO記念日ってこともあって、はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げに決めた。
ぼくはこのはなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げにひきつるようなぐらい目がなくて5日に4回は食べないと情けないゆとり教育するぐらい気がすまない。
幸い、はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の先天性の白飯と、気絶するほど悩ましいタマリロ、悪賢いタンジョンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を25分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのガンダムマニアにしかわからない香りに思わず、「ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の先天性の白飯を無難な生き方に終始するかのように、にぎって平べったくするのだ。
タマリロとタンジョンをザックリとアフリカゾウのアク禁級のコードレスバンジージャンプする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く89分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せチリ共和国ではねじ切られるような喜びを表すポーズしながら首都高でF1レースするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサニーレタスのサラダをつまんだり、灰持酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというやみつきになりそうな、だが、口溶けのよい・・・。
この世のものとは思えない旨さに思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とつぶやいてしまった。
はなびし草の里芋とスパムのパリパリ揚げはこげるような首吊りほど手軽でおいしくていいね。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

SPAM料理 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク