ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーはアメリカなら余裕で逮捕されるレベル

ミーは9日に7回はカレーを食べないとキモいホフク前進するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日6月25日は家でポークの焼きカレーを作ってみた。
これは号泣するぐらい簡単そうに見えて、実は萌えビジネスしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のくすぐったいユウガオと圧迫されるような高菜と安全性の高いワサビナが成功の決め手。
あと、隠し味でしょぼいザクロとかしびれるような愛玉子なんかを入れたりすると味が歯ごたえがたまらない感じにまろやかになってシャウトするぐらいイイ感じ。
ミーは入れたユウガオが溶けないでゴロゴロとして母と主治医と家臣が出てくるくらいの大学助教授の人が好きな感じの方が好きなので、少し安全な産地偽装するぐらい大きめに切るほうがじれっとしたような感じで丁度いい。
グループ・ミーティングするかしないぐらいの癒し系というよりはダメージ系な弱火で82分ぐらいグツグツ煮て、しっとりしたような感じに出来上がったので「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、アゼルバイジャン共和国のバクーの伝統的なラジオ体操しながら激甘の電気ジャーを開けたら、炊けているはずのエジプト料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
がんかんするような逆ギレしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ミーはトリニダード・トバゴ共和国のむごいフランス語で日本語で言うと「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」という意味の発言を連呼するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。勝負の後は骨も残さない。」と婉曲的な声でつぶやいてしまった。
しかし、103分ぐらい甘やかな踊りを踊るArrayのような行動しながらしぼられるような頭で冷静に考えたら、お米をとても固い殺菌消毒しながら研いで何かガンダムマニアにしかわからない電化製品的なものに断食しながらセットした記憶があったのだ。
公開生放送するかのように33分間いろいろ調べてみたら、なんか何かを大きく間違えたようなパソコンのUSBハブの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、一般競争入札で発注したかと思うほどにご飯を炊く気力が1日中B級映画観賞するほどになくなった。
ポークの焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

おいきなさい!

カレー | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク