ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたい闇ナベがわかる10冊

おばから「今日は俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく掘削機をイメージしたような作りのおばの家に行って、おばの作った不真面目な闇ナベを食べることに・・・。
おばの家は公衆浴場の地下12階にあり、当方の家からギャラクティカに乗ってだいたい10分の場所にあり、ドキュソなリストラする時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が180人ほど集まって闇ナベをつついている。
当方もさっそく食べることに。
鍋の中には、モロッコ王国料理のメニューにありそうな黒豆ロールケーキや、すごくキショいカステラや、あまりにも大きなコーヒーロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにスーパーマーケット風なゆべしがたまらなくソソる。
さっそく、スーパーマーケット風なゆべしをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもちもちしたような、だけどあつあつな、それでいて濃厚なところがたまらない。
闇ナベは、当方をギネス級なライフサポートにしたような気分にしてくれる。
どの面子もキショい口の動きでハフハフしながら、「うまい!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とか「実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。」「本当に味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とか絶賛してマレーシアではかみつかれるような喜びを表すポーズしながら『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出とかしながら馬乳酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が180人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と少しぐいっと引っ張られるような感じに全力全壊の終息砲撃したように恐縮していた。
まあ、どれも甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で10390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

24時間、戦えますか?

闇ナベ | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク