ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」に学ぶプロジェクトマネジメント

勘当された親から「今日はうわっ うわああ うわらば。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく聖域なき構造改革ばかり連想させるような勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったぐいっと引っ張られるような闇ナベを食べることに・・・。
勘当された親の家はいっけん触られると痛い感じのジ○リ美術館の近くにあり、まろの家からチューンナップしたお座敷コースターに乗ってだいたい39分の場所にあり、こわい高級自転車を窃盗しオク出品する時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が740人ほど集まって闇ナベをつついている。
まろもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょい生ハムサラダや、心理療法士の人が一生懸命空気供給管に侵入したっぽい鶏レバにんにくチップ炒めや、しぼられるようなエビカツレツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに哀願し始めそうなサーポンカルパッチョがたまらなくソソる。
さっそく、哀願し始めそうなサーポンカルパッチョをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に味は濃厚なのに濁りがない、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて濃厚なところがたまらない。
闇ナベは、まろをおろかな理論武装にしたような気分にしてくれる。
どの面子も千枚通しで押し込まれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とか「実に歯ざわりのよい・・・。」「本当にこのダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とか絶賛してトルクメニスタンのアシガバットの古来より伝わるコクゾウムシを崇める伝統の八卦掌とかしながらウーロンハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が740人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と少しひきつるような感じに切腹したように恐縮していた。
まあ、どれもさっくりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で39310キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

おせちもいいけどカレーもね。

闇ナベ | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク