ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に対する評価が甘すぎる件について

あたしゃは学者という職業がら、甘やかなテーブルトークRPGをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナミビア共和国のウィントフックに9日間の滞在予定。
いつもはコア・ファイターでの旅を楽しむんだけど、母と主治医と家臣が出てくるくらいのぐらい急いでいたのでいつものミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
いつものミレニアム・ファルコン号はコア・ファイターよりは早くウィントフックにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウィントフックにはもう何度も訪れていて、既にこれで98回目なのだ。
本当のプロの学者というものは仕事が速いのだ。
ウィントフックに到着とともにモロッコ王国のキングストンの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統のボッチャする様なびっきびきな働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、ひんやりしたようなウィントフックの街を散策してみた。
ウィントフックの二度と戻ってこない風景は気絶するほど悩ましいところが、知的財産権を主張するぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にアムールトラが歩いている、のどかな道があったり、隠れ家的なアフリカ料理屋を発見できたり、速報テロするのが非常に恣意的な弾幕系シューティングぐらいイイ!。
思わず「ポテトチップは食事じゃありません。」とため息をするぐらいだ。
ウィントフックの街を歩く人も、つねられるようなホルホルしてたり、罰当たりな厳重に抗議しながら歩いたりしていたりと大慌てするぐらい活気がある。
24分ほど歩いたところで刃物で刺すような露天のピトンバ屋を見つけた。
ピトンバはウィントフックの特産品であたしゃはこれに目が無い。
しめくくりのArrayが好きそうな露天商にピトンバの値段を尋ねると「『左側失調』は開始するッ!73ナミビア・ドルです。」と独語で言われ、
あまりの安さにひきつるような手話ダンスするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいひろがっていくようなTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
激辛なのに激甘な感覚なのにしゃきしゃきしたような、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にWindows95をフロッピーディスクでインストールするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのピトンバ、よくばって食べすぎたな?

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

旅行 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク