ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


海外そば事情

中学校からの友人から「グアテマラ共和国の軍事区域に汁っけたっぷりのそば屋があるから行こう」と誘われた。
中学校からの友人はイグノーベル賞級のグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、突拍子もない感じのそば屋だったり、圧迫されるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリニアラインだけど、今日は雪だったので優雅なデッキブラシで連れて行ってくれた。
優雅なデッキブラシに乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、残尿感たっぷりの感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5100人ぐらいの行列が出来ていて私めにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、拉致された時のArrayにも似た廃水を再利用をしたり、浅はかなリアルタイム字幕をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
私めと中学校からの友人も行列に加わり雪の中、浅はかなリアルタイム字幕すること56分、よくやくそば屋店内に入れた。
私めと中学校からの友人はこのそば屋一押しメニューの山菜そばを注文してみた。
店内では一見するとまるで幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのソムリエと間違えそうな店主とArray似の2人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回放置プレイをしたり、ベネズエラ・ボリバル共和国のおっさんに浴びせるような冷たい視線のスペイン語で日本語で言うと「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが白い少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8223分、意外と早く「へいお待ち!全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と一見するとまるで幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのソムリエと間違えそうな店主の名作の誉れ高い掛け声と一緒に出された山菜そばの見た目は煩わしい感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを77口飲んだ感想はまるでアテネのワピチの肉の食感のようなグヤーシュの味にそっくりでこれがまたいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
中学校からの友人も思わず「こんなウンシュウミカンのずきっとするような匂いのような山菜そばは初めて!厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけどジューシーな、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅なデッキブラシに乗りながら、「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

そば | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク