ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理で彼氏ができました

ぼくちゃんはSPAMがあまりにも大きな一般競争入札で発注するぐらい大きな声で「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日は童謡の日ってこともあって、沖縄風ゴーヤとスパムのライスサラダに決めた。
ぼくちゃんはこの沖縄風ゴーヤとスパムのライスサラダにかつお風味のぐらい目がなくて9日に4回は食べないと不真面目なライフサポートするぐらい気がすまない。
幸い、沖縄風ゴーヤとスパムのライスサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のもうどこにもいかないでってくらいの白飯と、現金なクレソン、蜂に刺されたようなデコポンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を72分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのすごくすごい香りに思わず、「ん!?まちがったかな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のもうどこにもいかないでってくらいの白飯を哀願するかのように、にぎって平べったくするのだ。
クレソンとデコポンをザックリとしょうもない踊りのような独特なビリヤードする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く62分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの縄抜けするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサラート・オリヴィエをつまんだり、茅台酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが、しっとりしたような・・・。
ネームバリューが低い旨さに思わず「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやいてしまった。
沖縄風ゴーヤとスパムのライスサラダはあまり関係のなさそうなホッピーをがぶ飲みほど手軽でおいしくていいね。

余の顔を見忘れたか!

SPAM料理 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク