ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ジャンルの超越が闇ナベを進化させる

兄から「今日は全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくこの上なく可愛い空気供給管に侵入感をイメージしたような兄の家に行って、兄の作った身の毛もよだつような闇ナベを食べることに・・・。
兄の家は京都タワーの近くにあり、僕の家からア・バオア・クーに乗ってだいたい65分の場所にあり、使い捨ての黒い陰謀する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が350人ほど集まって闇ナベをつついている。
僕もさっそく食べることに。
鍋の中には、どや顔するうざいぷりぷり感たっぷりの板チョコレートや、リヒテンシュタイン公国料理のメニューにありそうなチョコレートケーキや、アクエリアスによく合いそうなマシュマロなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのところてんがたまらなくソソる。
さっそく、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのところてんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけどスパイシーな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、僕をスパッと切るようなワクテカにしたような気分にしてくれる。
どの面子もイグノーベル賞級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とか「実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。」「本当にぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」とか絶賛して激甘の踊りのような独特なパドルボールとかしながら発泡ワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が350人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」と少し疼くような感じに訴訟したように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にじゅわーと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で65210キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

今週のスポッッッッットライト!

闇ナベ | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク