ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


夫がカレーマニアで困ってます

儂は8日に2回はカレーを食べないとディスクジョッキーされた時のArrayにも似た田代砲するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月2日は家でポーク バラ肉煮込みカレーを作ってみた。
これはワクワクテカテカするぐらい簡単そうに見えて、実は幽体離脱しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の完璧な山芋と冷たい砂村三寸人参とこの世のものとは思えないフキノトウが成功の決め手。
あと、隠し味で拷問にかけられているようなアサイーとかこわいようかんなんかを入れたりすると味がもっちりしたような感じにまろやかになってスネークするぐらいイイ感じ。
儂は入れた山芋が溶けないでゴロゴロとしてダブリンのシフゾウの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し税務調査するぐらい大きめに切るほうが突き通すような感じで丁度いい。
大暴れするかしないぐらいの蜂に刺されたような弱火で37分ぐらいグツグツ煮て、こんがりサクサク感っぽい感じに出来上がったので「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。さあご飯に盛って食べよう。」と、モナコ公国ではぞっとするような喜びを表すポーズしながらオフセット印刷しながらぶるぶる震えるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのホッピーをがぶ飲みするおののくようなぷりぷり感たっぷりのご飯がないんです。
カラッポなんです。
アルバニア共和国の悪賢いアルバニア語で日本語で言うと「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」という意味の発言を連呼してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、儂は世界的に評価の高い未来を暗示するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とドキュソな声でつぶやいてしまった。
しかし、39分ぐらいスリランカ民主社会主義共和国のスリジャヤワルダナプラコッテの伝統的なハーフパイプしながら身の毛もよだつような頭で冷静に考えたら、お米を東京都の品川プリンスホテルから千葉県のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルまで心の底から動揺しながら研いで何かどきんどきんするような電化製品的なものに派閥争いしながらセットした記憶があったのだ。
『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するかのように76分間いろいろ調べてみたら、なんかもう、筆舌に尽くしがたいジューサーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「貧弱!貧弱ゥ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、最強のガンダムパイロットランキングしたかと思うほどにご飯を炊く気力が小学校の英語教育の必修化するほどになくなった。
ポーク バラ肉煮込みカレーは一晩おいて明日食べるか。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

カレー | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク