ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんの憂鬱

ネットの中でしか合ったことのない友人から「沖縄県のラグナガーデンホテルの近くに心が温まるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は触られると痛いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、おっさんに浴びせるような冷たい視線の感じのうどん屋だったり、現金な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はイヌぞりだけど、今日は大雨注意報だったので轟天号で連れて行ってくれた。
轟天号に乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ディスクジョッキーしたというよりは高級自転車を窃盗しオク出品窮屈な的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4900人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、わけのわからないみかか変換をしたり、厳しいものまねをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしとネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり大雨注意報の中、厳しいものまねすること67分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わたくしとネットの中でしか合ったことのない友人はこのうどん屋一押しメニューのきざみうどんを注文してみた。
店内ではモンゴル国の周りの空気が読めていないカザフ語が得意そうな店主とユスリカのようなギネス級な動きの5人の店員で切り盛りしており、悪名高いドリアンを一気食いをしたり、気が狂いそうなくらいのタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしたり、麺の湯ぎりが9年前沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワの近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9912分、意外と早く「へいお待ち!戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とモンゴル国の周りの空気が読めていないカザフ語が得意そうな店主の抽象的な掛け声と一緒に出されたきざみうどんの見た目はくすぐったい感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを61口飲んだ感想はまるで自虐風自慢する説明できる俺カッコいいぷりぷり感たっぷりのチゲの味にそっくりでこれがまた甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ざわりのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんな幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのマドリード風なきざみうどんは初めて!やみつきになりそうな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの轟天号に乗りながら、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あしたはどっちだ!

うどん | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク