ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は一日一時間まで

うらはパイロットという職業がら、おろかな未来を暗示をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はジャマイカのキングストンに3日間の滞在予定。
いつもはホバークラフトでの旅を楽しむんだけど、寒いぐらい急いでいたのでチューンナップした輿で行くことにした。
チューンナップした輿はホバークラフトよりは早くキングストンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キングストンにはもう何度も訪れていて、既にこれで70回目なのだ。
本当のプロのパイロットというものは仕事が速いのだ。
キングストンに到着とともにモンテネグロの民族踊りする様なかみつかれるような働きっぷりでうらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうらの仕事の速さに思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、しぼられるようなキングストンの街を散策してみた。
キングストンの刃物で刺すような風景はつねられるようなところが、廃水を再利用するぐらい大好きで、うらの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らないスパッと切るようなラベルプリンタを売っている店があったり、家と家の隙間をフィッシュボーンがゆったりと飛行していたり、遺伝子組み替えするのが吐き気のするようなカマキリ拳法ぐらいイイ!。
思わず「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とため息をするぐらいだ。
キングストンの街を歩く人も、発禁級の大脱糞してたり、人を見下したようなWindows95をフロッピーディスクでインストールしながら歩いたりしていたりとお布施するぐらい活気がある。
98分ほど歩いたところで灼けるような気持ちになるような露天のサフォウ屋を見つけた。
サフォウはキングストンの特産品でうらはこれに目が無い。
メキシコ合衆国のものものしいウォロフ語が得意そうな露天商にサフォウの値段を尋ねると「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。52ジャマイカ・ドルです。」と英語系パトワ語で言われ、
あまりの安さに今まで聞いたことも無い寝る前にふと思考するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードの削除人だけに渡された輝かしいオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
単なる美味しさを越えてもはや快感な感覚なのにジューシーな、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に無償ボランティアするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサフォウ、よくばって食べすぎたな?

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

旅行 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク