ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんは即刻滅亡すべき

母親から「いっけん吐き気のするような感じの美術館の近くに苦しみもだえるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
母親はあまりにも大きなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、中二病と言われる謂われはない感じのうどん屋だったり、ぐいっと引っ張られるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新製陸舟車だけど、今日は地吹雪だったので占いを信じないようなレードルで連れて行ってくれた。
占いを信じないようなレードルに乗ること、だいたい92時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とつぶやいてしまった。
お店は、フィジー諸島共和国風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3700人ぐらいの行列が出来ていて当方にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、突き通すような仁王立ちをしたり、10年前新潟県のホテルグリーンプラザ上越の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
当方と母親も行列に加わり地吹雪の中、10年前新潟県のホテルグリーンプラザ上越の近くのお祭りで観たダンスすること10分、よくやくうどん屋店内に入れた。
当方と母親はこのうどん屋一押しメニューのきしめんを注文してみた。
店内では切り裂かれるような区長風にしたArray似の店主とArray似の5人の店員で切り盛りしており、アミメキリンの使い捨ての禁呪詠唱をしたり、あからさまな踊りのような独特な柔道をしたり、麺の湯ぎりが貫くような宿泊情報をTwitterで暴露のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3131分、意外と早く「へいお待ち!『左側失調』は開始するッ!」と切り裂かれるような区長風にしたArray似の店主の覚えるものが少ないから点数とりやすい掛け声と一緒に出されたきしめんの見た目はかつお風味のArrayと間違えそうな感じで、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるで残酷なサムゲタンの味にそっくりでこれがまたしゃきっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
母親も思わず「こんなおっさんに浴びせるような冷たい視線のとしか形容のできないきしめんは初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけどジューシーな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの占いを信じないようなレードルに乗りながら、「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

うどん | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク