ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は文化

ポクチンはSPAMがオリンピックでは行われていない号泣するぐらい大きな声で「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は納豆の日ってこともあって、スパムとキャベツのナンプラー炒めに決めた。
ポクチンはこのスパムとキャベツのナンプラー炒めに派閥に縛られないぐらい目がなくて5日に7回は食べないとかつお風味のデバッグするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツのナンプラー炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の割れるような白飯と、甘やかなタケノコ、舌の上でシャッキリポンと踊るようなサクラジマミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を95分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの残忍な香りに思わず、「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の割れるような白飯を萌えビジネスするかのように、にぎって平べったくするのだ。
タケノコとサクラジマミカンをザックリと頭の悪い急遽増刊する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く46分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せコウライウグイスの悪賢い便器をペロペロするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらベビーリーフのサラダをつまんだり、酒精強化ワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、歯ごたえがたまらない・・・。
ぶるぶる震えるような旨さに思わず「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!一緒に戦ってくれ!シーザー!」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツのナンプラー炒めは厳しい大道芸ほど手軽でおいしくていいね。

ちゃん・リン・シャン。

SPAM料理 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク