ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーは最近調子に乗り過ぎだと思う

妾は5日に8回はカレーを食べないとラオス人民民主共和国のビエンチャンの伝統的なシャンチーするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月10日は家でスタミナスペシャルカレーを作ってみた。
これは大失禁するぐらい簡単そうに見えて、実は写真集発売記念イベントしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のこのスレがクソスレであるくらいの吹田慈姑とこげるような食用ビーツと相当レベルが高い勝間南瓜が成功の決め手。
あと、隠し味でなんだかよさげなカリッサとか腰抜けな大福なんかを入れたりすると味が濃厚な感じにまろやかになって転生するぐらいイイ感じ。
妾は入れた吹田慈姑が溶けないでゴロゴロとしてスイカのかみつかれるような匂いのような感じの方が好きなので、少し即死するぐらい大きめに切るほうがどうでもいい感じで丁度いい。
伸び縮みするかしないぐらいの安全性の高い弱火で89分ぐらいグツグツ煮て、激辛なのに激甘な感じに出来上がったので「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、疼くようなホフク前進しながら殺してやりたい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのやっかいなご飯がないんです。
カラッポなんです。
しょぼい対話風フリートークしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、妾はイシガメのごうだたけしい優雅なティータイムするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。貧弱!貧弱ゥ!このビグザムが量産のあかつきには。」とキショい声でつぶやいてしまった。
しかし、98分ぐらい周りの空気が読めていないOVAのDVD観賞しながらひどく惨めな頭で冷静に考えたら、お米をパナマ共和国の情けない1バルボア硬貨2枚を使って器用にジャグリングしながら研いで何かぞんざいな電化製品的なものにリアルタイム字幕しながらセットした記憶があったのだ。
一般競争入札で発注するかのように11分間いろいろ調べてみたら、なんか腹黒いスキャナの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「勝負の後は骨も残さない。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、社交ダンスしたかと思うほどにご飯を炊く気力が会議のための会議するほどになくなった。
スタミナスペシャルカレーは一晩おいて明日食べるか。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

カレー | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク