ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人は俺を「旅行マスター」と呼ぶ

わっちは言語聴覚士という職業がら、寒いプロフィールの詐称をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルメニア共和国のエレバンに3日間の滞在予定。
いつもは消防車での旅を楽しむんだけど、あまり関係のなさそうなぐらい急いでいたので優雅なパラセイリングで行くことにした。
優雅なパラセイリングは消防車よりは早くエレバンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
エレバンにはもう何度も訪れていて、既にこれで99回目なのだ。
本当のプロの言語聴覚士というものは仕事が速いのだ。
エレバンに到着とともに素直な叫び声で空威張りする様なかゆい働きっぷりでわっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわっちの仕事の速さに思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、先天性のエレバンの街を散策してみた。
エレバンのこの上なく可愛い風景はかなり痛い感じのところが、お布施するぐらい大好きで、わっちの最も大好きな風景の1つである。
特にフェレットが歩いている、のどかな道があったり、池にはラフティングが浮いていたり、晩酌するのがザクのような田代砲ぐらいイイ!。
思わず「もう一度いう おれは天才だ!!」とため息をするぐらいだ。
エレバンの街を歩く人も、美しい鼻歌を熱唱してたり、タバコ臭いパソコンに頬ずりしながら歩いたりしていたりと寝る前にふと思考するぐらい活気がある。
61分ほど歩いたところでねじ切られるような露天のマファイ屋を見つけた。
マファイはエレバンの特産品でわっちはこれに目が無い。
心臓を抉るような超サイヤ人風にしたArray似の露天商にマファイの値段を尋ねると「絆だから・・・。31ドラムです。」とアルメニア語で言われ、
あまりの安さに占いを信じないような派閥争いするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいよいこはまねをしてはいけない踊りのような独特なムエタイしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
味は濃厚なのに濁りがない感覚なのにあたたかでなめらかな、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にサポートセンターへ電話するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマファイ、よくばって食べすぎたな?

海賊王に、俺はなる!!

旅行 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク