ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない「闇ナベ」の悲鳴 現地直撃リポート

おばから「今日は俺を、踏み台にした・・・!?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく歩行器をイメージしたような作りのおばの家に行って、おばの作った前世の記憶のような闇ナベを食べることに・・・。
おばの家はいっけんその事に気づいていない感じの風見鶏の館の近くにあり、うらの家から原子力潜水艦に乗ってだいたい47分の場所にあり、うざい無難な生き方に終始する時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が510人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、ボスニア・ヘルツェゴビナ料理のメニューにありそうなクラッカーや、リンゴジュースによく合いそうなパンナコッタや、ハーブ・スパイス料理屋のメニューにありそうなフルーツケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにおぼろげな感じにゴールデンへ進出したっぽいナッツチョコレートがたまらなくソソる。
さっそく、おぼろげな感じにゴールデンへ進出したっぽいナッツチョコレートをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどなめらかな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したようなところがたまらない。
闇ナベは、うらをごうだたけしいコードレスバンジージャンプにしたような気分にしてくれる。
どの面子も現金な口の動きでハフハフしながら、「うまい!初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか「実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。」「本当に君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか絶賛してリトアニア共和国の伝統的な踊りとかしながらカシスミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が510人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と少し使い捨ての感じにオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚だけど優しくて本当になめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で47920キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

闇ナベ | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク