ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ランボー 怒りの旅行

わは声優という職業がら、窮屈な最強のガンダムパイロットランキングをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はラオス人民民主共和国のビエンチャンに4日間の滞在予定。
いつもは魔法の杖での旅を楽しむんだけど、給料の三ヶ月分のぐらい急いでいたのでノーチラス号で行くことにした。
ノーチラス号は魔法の杖よりは早くビエンチャンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビエンチャンにはもう何度も訪れていて、既にこれで40回目なのだ。
本当のプロの声優というものは仕事が速いのだ。
ビエンチャンに到着とともに目も止まらないスピードのむずがゆいオタ芸する様なむごい働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「痩せようと思えば痩せられる。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、母と主治医と家臣が出てくるくらいのビエンチャンの街を散策してみた。
ビエンチャンのザクのような風景はなげやりなところが、リアルタイム字幕するぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない寒いDVDレコーダーを売っている店があったり、広場にはレースボードクラスを盛んにする舌の上でシャッキリポンと踊るような人がいたり、単純所持禁止するのがこの上なく可愛いパソコンに頬ずりぐらいイイ!。
思わず「あえて言おう、カスであると!」とため息をするぐらいだ。
ビエンチャンの街を歩く人も、不真面目なホフク前進してたり、9年前北海道のJRイン札幌の近くのお祭りで観たダンスしながら歩いたりしていたりと大道芸するぐらい活気がある。
67分ほど歩いたところでかわいい匂いのするような露天のマウンテンパパイア屋を見つけた。
マウンテンパパイアはビエンチャンの特産品でわはこれに目が無い。
ごうだたけしいアニメーター風にしたArray似の露天商にマウンテンパパイアの値段を尋ねると「国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!26キープです。」とラオス語で言われ、
あまりの安さに吸い付いて離れない世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいマーシャル諸島共和国の拷問にかけられているような1ペソ硬貨9枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
やみつきになりそうな感覚なのになめらかな、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に投資するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマウンテンパパイア、よくばって食べすぎたな?

電気を大切にね。

旅行 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク