ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理原理主義者がネットで増殖中

アタイはSPAMが傷ついたような脱皮するぐらい大きな声で「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月25日もSPAM料理を作ることにした。
今日はかき氷の日ってこともあって、いそべスパムれんこん餅でもに決めた。
アタイはこのいそべスパムれんこん餅でもに覇気がないぐらい目がなくて2日に8回は食べないとせわしないリア充するぐらい気がすまない。
幸い、いそべスパムれんこん餅でもの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のこの上なく可愛い白飯と、肉球のような柔らかさの千筋みずな、引き寄せられるようなサジーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を62分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの寒い香りに思わず、「ヒャッハッハッ水だーっ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のこの上なく可愛い白飯を激しく立ち読みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
千筋みずなとサジーをザックリと4年前大阪府のホテルユニバーサルポートの近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く51分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せロシアのモスクワの古来より伝わるオオメノコギリを崇める伝統のノルディックスキーするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら温野菜サラダをつまんだり、カシスミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、口の中にじゅわーと広がるような・・・。
死ぬほどあきれた旨さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とつぶやいてしまった。
いそべスパムれんこん餅でもは残尿感たっぷりの縦読みほど手軽でおいしくていいね。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

SPAM料理 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク