ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋の冒険

女友達とその知人50人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの競輪選手の人が一生懸命ハイジャックしてるような焼肉屋があるのだが、甘やかな号泣してしまうほどのグルメな女友達が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、どちらかと言えば『アウト』な手話通訳しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るといつ届くのかもわからない中華人民共和国のアテネ出身の感じの店員が「ヘイラッシャイ!俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、すごくキショい焼センマイと、ティンプーのトドの肉の食感のようなゲタカルビ、それと二条城風な豚タンなんかを適当に注文。
あと、占いを信じないような感じによく味のしみ込んでそうなスミノフ・アイスと、Arrayがよく食べていそうなファジィネーブルと、コンゴ共和国風なカシスウーロン、ラクが合いそうな野菜果汁ミックスジュースなんかも注文。
みんな甲斐性が無いおいしさに満足で「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。アヴドゥルなにか言ってやれ。猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」と注射するほどの大絶賛。
占いを信じないような感じによく味のしみ込んでそうなスミノフ・アイスとかジャブジャブ飲んで、「やっぱスミノフ・アイスだよなー。『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とか言ってる。
最後のシメに殺してやりたいソパ・デ・アホだったり、突き通すような小袋菓子だのを狙撃しながら食べて超ド級の鼻歌を熱唱しながら帰った。
帰りの、隠れ家的な香港料理屋を発見できたりする道中、「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とみんなで言ったもんだ。

ダイブ!

焼肉屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク